妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期(4ヶ月〜7ヶ月)の過ごし方と注意点を紹介!

 

 

妊娠中期になると、安定期に入って一安心です。

 

でも、だからといって油断は禁物!

 

 

安定期に入っても、生活で注意する点はありますので、
ここでは妊娠中期の過ごし方と注意点について紹介します。

 

 

 

まずは「家事」です。

 

料理や掃除などをするときに注意したいのが、
妊婦さんの「反射」「瞬発力」「バランスの低下」です。

 

お腹の赤ちゃんの分、体も重くなり、バランスも悪くなります。
初めて妊娠を経験されている方は、体の変化も初めての体験。

 

お風呂を掃除する時、また階段の掃除などは特に注意しましょう。

 

 

 

次は「運動」です。

 

安定期に入ると、ある程度の軽い運動は血流もよくなり、
体にも赤ちゃんにもいいことです。

 

旅行なんかも楽しめる時期。
ただ、体調の変化にはいつも注意してください。

 

無理をせず、少し疲れたら休むなど、安定期でもアナタ自身と赤ちゃんを
いたわってあげて下さいね。

 

 

 

そして、重要な「食事」です。

 

つわりがおさまり、食欲も出てきますが、食べ過ぎに注意しましょう。

 

塩分を取り過ぎると「妊娠高血圧症候群」「貧血」などの危険もありますので、
食事は塩分を控えて、カルシウム、たんぱく質、鉄分、ビタミン類が
たくさん取れるバランスの良い献立がいいですね。

 

また、妊娠中期になると便秘になることも多いんです。

 

ですので、食物繊維の多いもの、果物、海藻や、腸内環境を良くしてくれる
ヨーグルトなども積極的に摂るといいですね。

 

便秘になってしまったら、便秘解消のための体にやさしいサプリメントなども
効果が期待できますよ。

 

 

 

次は「姿勢」です。

 

お腹が大きいため、姿勢が悪くなりがちになります。
姿勢が悪い状態で座ったりしていると腰痛の原因になるので注意が必要です。

 

正しい姿勢を心がけましょう!

 

 

 

また、1日の中で、ゆったりとした「休息の時間」をとることは大切です。

 

お腹の張りを感じたときは、休息を取るようにしましょう。

 

クッションなどを使い、リラックスできる姿勢にしましょう。
精神的な安定をもたらす音楽などもいいですね。

 

いろいろな心配ごともあるかもしれませんが、目を閉じて、
ほんの少しだけでも心配ごとを忘れて考えるのを止め、ゆったりと
深呼吸するなども効果的です。

 

 

 

妊娠中期で安定期に入っても、デリケートな体ですから、
生活についての注意は怠ってはいけません。

 

ただ、赤ちゃんの成長を感じならが妊娠していることを実感して、
貴重で大切な時間を感じることができる時期でもあります。

 

赤ちゃんとの絆を感じながら、リラックスして妊娠中期を過ごして下さいね。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓