妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期〜初めての妊娠で不安、精神的ストレスによる悪影響と対策!

 

妊娠中期は安定期に入っていく時期とはいえ、初めての妊娠で
まだまだ分らないことも多く、色々なストレスを感じることがあると思います。

 

ただ、ストレスは母子に影響を与えるので注意が必要。

 

そこでここでは、妊娠中のストレスが母子に与える影響と
対策方法を紹介します。

 

 

 

【母体にどんな影響がある?】

 

妊娠中のストレスが母体にあたえる影響、メカニズムは
まだ正確には分っていません。

 

ただ、大きなストレスを感じることで、早産、流産などの危険が
高くなることは研究データの結果に出ています。

 

これは、ストレスにより血流が悪くなり、子宮の収縮や、
赤ちゃんの発育が順調にいかなくなることによるものと考えられています。

 

 

 

【赤ちゃんにどんな影響がある?】

 

日々の生活の中で誰もが感じるストレス程度なら、赤ちゃんへの影響を
心配しなくても大丈夫です。

 

ただ、ストレスが続いたり、ストレスを溜め込んだりなど慢性的な
ストレスがあると、赤ちゃんの脳の成長に影響があると言われています。

 

慢性的なストレスは、「コルチゾール」という副腎皮質ホルモンが
たくさん分泌されてしまいます。

 

この成分は、胎盤を通して胎児へと届いてしまうので
「鬱」「情緒不安定」「ADHD(注意欠陥障害)になる危険性があります。

 

さらに、ストレスを溜め込んでしまう妊婦さんのお子さんは
「アレルギー」「喘息」などを発症する確率が高くなるとも言われています。

 

 

 

体の変化による生活の不便さや、妊娠による様々な症状、
また出産への不安など、妊娠すると色々なストレスがありますよね。

 

でも、あまり考えすぎずにリラックスする時間を意識して持つことも大切です。

 

 

また、1人で悩んでしまうことも危険です。
ご主人、ご両親、お友達などに相談するだけでも安心できます。

 

また、主治医にも遠慮せず、些細なことでも分らないことは
しっかり聞くようにしましょう。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓