妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期に流産する原因は?流産する確率は?

 

妊娠中期は、妊娠している期間の中でも流産する確率が低い時期です。

 

ただ、妊娠中期でも、
子宮筋腫、絨毛膜羊膜炎、頸管無力症、子宮の奇形などにより
流産する危険はあります。

 

ただ、上記の症状が発症しても、必ず流産するというわけではなく、
しっかりとした治療を受けることで流産を防げることもあります。

 

 

また、「切迫流産」は、流産しているわけではありません。
治療により防ぐことができます。

 

医師の指示に従って治療を受け、安静にすることが重要です。

 

 

そして、妊娠中期の流産の確立ですが、自然流産の確率が「約15%」で、

 

 

「初期流産 約13.3%」

 

「中期流産 約0.1%」

 

「後期流産 約1.6%」

 

 

となりますので、中期の流産の確率はかなり低いといえます。

 

 

ただ、流産の危険性が無いわけではないので、無理なスポーツをしたりなど
体に負担がかかる動きは注意してください。

 

また「お腹の張り」「出血」は流産の自覚症状と言われています。

 

症状を感じたら、夜の遅い時間でもすぐに医師に診てもらいましょう!

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓