妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期の散歩(歩く・ウォーキング)はいつから?その効果は?

 

 

妊娠中期は安定期に入る時期ですが、安定期に入ってからおすすめしたいのが「散歩」や「ウォーキング」です。

 

安定期のだいたい妊娠 16週に入り、主治医から軽い運動をしてもいいと許可をえてからウォーキングを始めましょう!

 

妊婦さんは運動不足になりがちですから、無理のない散歩やウォーキングはオススメです。

 

そこで、妊婦さんがウォーキングをするとどんな効果やメリットが期待できるのか、下記より紹介しますね。

 

 

●妊婦さんがウォーキング・散歩をするメリット

 

・体重管理ができる

 

・お産に必要な骨盤の筋肉を鍛えられる

 

・血行がよくなる

 

・気分転換・リラックスできる

 

 

妊婦さんは運動不足で太りやすいですから、ウォーキングなどの適度な運動は体重管理にもオススメです。

 

また、歩くことで骨盤の筋肉を鍛えることができます。

 

 

そして、ウォーキングは有酸素運動なので、血行がよくなるのもメリット。

 

血行がよくなることで、肩こり・腰痛やお通じスッキリ効果も期待できます。

 

 

また、初めての妊婦さんは分らないことも多く、ストレスが溜まることも多いでしょう。

 

ストレスを感じることはあっても、溜め込むことはいけません。

 

ウォーキングは気分転換・リラックス効果が期待できるので、ストレス発散にもおすすめです。

 

 

 

ウォーイングが体によいといっても、歩きすぎたりするのはいけません。

 

だいたい目安としては「5分歩いて5分休憩」がいいと思います。

 

 

また、服装も動きやすいものを選びましょう。

 

暑い日は、日焼け対策、飲み物もあるといいですね。

 

また、ウォーキング中に何かあってはいけませんので、携帯電話・母子手帳も持っておくといいでしょう。

 

 

ウォーキングを取り入れるのは安産のためにも良いことです。

 

ただ、体調の良い時に、無理なく行うようにしてくださいね。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓