妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期に安産するためにできることや注意点は?

 

 

妊娠中期もなると、赤ちゃんが大きくなってきて、これから妊娠後期、そしていよいよい出産のことについても現実的に考えることも多いでしょう。

 

妊婦さんならだれでも「安産」したいですよね。

 

安産するためには、重要な要素があります。

 

それが「赤ちゃんの大きさ」「産道の状態」「娩出力」です。

 

 

赤ちゃんが大きいと、それだけ産道を通るのが大変になります。

 

状況によっては帝王切開になることもあります。

 

 

また、産道は赤ちゃんが外にでてくるときの通り道ですが、産道がしっかり広がると、スムーズに出産することができます。

 

 

娩出力は、赤ちゃんを押し出す力のことで、「子宮の収縮」と「腹圧」です。

 

 

これらの安産のための3つの要素に注目して、自分でできる安産のための準備を紹介します。

 

 

 

●太りすぎないようにしよう!

 

妊婦さんは太りやすい状態ですが、太りすぎることで赤ちゃんへの大きさにも影響してきます。

 

赤ちゃんが大きくなりすぎないように、体重管理をしっかりして適正体重を守るように注意するといいですね。

 

 

また、太りすぎることで、産道が狭くなってしまいます。

 

出産のときに赤ちゃんがスムーズに通れなくなってしまうので、注意しましょう!

 

 

●ストレッチをしよう!

 

ストレッチで股関節を柔らかくすることは、安産のために有効です。

 

ストレッチや、あぐら座りなどで股関節を柔らかくほぐしたり、筋肉を鍛えたるするといいですよ。

 

ただ、体を動かすので安定期に入ってから行いましょう1

 

 

●リラックスする方法を見つけよう!

 

出産のときは陣痛がきます。

 

陣痛は大変ですが、そんな状態でも焦らず気持ちを落ち着かせることが重要です。

 

緊張していると体に余計な力がはいって体の筋肉が硬くなり、赤ちゃんが外へ出にくくなってしまいます。

 

音楽や好きな香りなど、自分に合ったリラックス方法を見つけておくといいですね。

 

 

●お腹の赤ちゃんに話しかけよう!

 

妊娠中期から、赤ちゃんがどんどん大きくなって、赤ちゃんの存在をさらに実感できる時期です。

 

そんな赤ちゃんに話しかけて、お腹の赤ちゃんと楽しく過ごすようにしましょう!

 

出産して赤ちゃんと出会える日をイメージして、楽しい気持ちでいることは赤ちゃんに伝わると思います。

 

「妊娠」という特別で素晴らしい時間を過ごしていることを実感してくださいね。

 

 

 

安産のために準備することは大切ですが、あまり考えすぎないようにしてくださいね。

 

大切なのは「今にリラックスできているか」です。

 

妊娠中期で初めての出産なら、不安も色々あると思います。

 

準備できることはちゃんとしたほうがいいですが、後は「天命を待つ」しかありません。

 

先の余計な心配しすぎることなく、お腹の赤ちゃんと今、いっしょにリラックスしましょう。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓