妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期の体重が増える原因と体重管理のコツとは?

 

妊娠中期になると、つわりも治まってきて食事も楽しめるようになってきます。

 

ただ、その代わり「食べ過ぎてしまう」という危険があることも事実です。

 

 

妊娠すれば体重が増えるのは普通のことなんですが、
太りすぎはよくないですよね。

 

ですので、
まずは妊婦さんの体重が増える主な原因について見てみましょう。

 

 

●妊娠中はなぜ太りやすい?その原因とは?

 

原因@
赤ちゃんを守る体の機能が発達する

 

原因A
妊娠により、脂肪が付きやすい状態になる

 

原因B
母体の血液の量が増える

 

原因C
ストレスなどにより食べ過ぎてしまう

 

 

赤ちゃんを守るため、子宮・羊水・胎盤など様々な機能が
備わってくることで、体重が増えます。

 

赤ちゃんのも大きくなってきて体重が増えるため、
ママさんの体重も増えます。

 

また妊娠中は赤ちゃんの成長のために血液の量も増えますし、
脂肪も付きやすくなるなどの体質の変化も妊娠中の太る原因です。

 

 

妊婦さんが脂肪が付きやすくなるのは、ホルモンによる影響です。

 

胎盤から分泌される「HPL(ヒト胎盤性ラクトゲン)」というホルモンは、
脂肪を体の中に蓄えやすくする働きがありからなんです。

 

 

そして「食べ過ぎ」にも注意が必要です。

 

妊娠中期は、つわりが終わり、食べ物を美味しく食べられる時期。
だからこそ油断していると食べ過ぎてしまいます。

 

また、ストレス解消で食べる量が増えてしまうこともあるので
注意が必要
です。

 

 

食生活の管理や、
無理のない程度にウォーキングなど体を動かすといいですね。

 

妊婦さんでダイエットしたいという方もいますが、
妊婦さんのダイエットは赤ちゃんが低体重児になる原因にもなります。

 

太る前に理想の体重を守って生活するよう心がけましょう!

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓