妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠中期のお腹の痛み(腹痛)・張りの原因は?注意したい症状と対策!

 

妊娠中期に起こる症状として、「お腹の痛み(腹痛)」があります。

 

このお腹の痛みの原因は、妊娠中期により子宮が成長して
大きくなり始めていることで起こるものです。

 

痛みとしては、「鈍い痛み」として感じることが多いのですが、
人によっては「少しお腹が張っている」と感じる人もいるようです。

 

妊娠中期の軽いお腹の痛みは基本的には問題ないので
安静にしていれば大丈夫。

 

ただ、痛みが強い場合や、出血をしているなどの場合は
注意が必要です。

 

下記のような危険性があるので、すぐに医師に診てもらいましょう!

 

 

 

【常位胎盤早期剥離】

 

妊娠中に胎盤がはがれてしまうもので、胎盤がはがれることで
胎児に栄養や酸素が送れなくなり、胎児が「低酸素状態」になってしまいます。

 

胎盤から出てしまう物質が母体に流れ出てしまうということもあります。

 

母子ともに危険な状態になってしまいます。

 

 

 

【切迫早産】

 

正産期(妊娠37週0日から41週6日までの間)になっていないのに
「子宮口が開く(出血する場合あり)」「子宮の収縮が頻繁に起こる」などにより、
早産になる危険性のある状態です。

 

「子宮頸管への感染」「羊膜の一部が破れる」などが原因で起こります。

 

状態によっては入院が必要です。

 

 

 

妊娠中期のお腹の痛み(腹痛)やお腹の張りは、妊婦さんなら
経験する症状の1つです。

 

ただ、頻繁に感じたり、また激しいという場合は、
すぐに医師に診てもらうようにしましょう。

 

些細な症状でも他の人に相談するなどして、
自己判断しないように注意してくださいね。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓